生田沙織 知的なパイパン美女とイイ雰囲気に 第2話

知的なパイパン美女とイイ雰囲気に… 第2話 生田沙織。華奢な体系で、まるで妖精のように色が白い生田沙織さん。 顔もセクシーで上品な感じで、レースのガーターベルトがとてもよく似合っています。 今回はそんな彼女に2本の無骨なチンポを突っ込んで快楽でおかしくしていく…。まずは身体を拘束して電マ責め。1話でツルツルのパイパンにして、少しピンクがかったアソコにヒモがグイッと食い込んでいます。 電マでアソコをしつこくしつこく責めていくと聞いているだけでも興奮しそうなセクシーな喘ぎ声で喘ぎ出す・・。 十分に濡れたアソコは指を入れるとピチャピチャと卑猥な音を奏で彼女の「あぁっんああイッッちゃう!イク!」と泣きそうになりながら喘ぐ姿がたまらなくそそられます。その後は小さな口でごつごつとしたチンポを咥えゆっくりとチュポチュポ音を奏でてフェラチオ。あんまりがっつき過ぎないフェラチオが彼女の繊細さをいっそう引き立ててとてもいいです。騎乗位で舞い上がる時はもう1人男も加わり3Pセックス。 正常位の時はパイパンにしたアソコにペニスが挿入されている瞬間が見れて超興奮モノ。ビラビラの大きさも程良く腰を振る度にチンポにまとわりついてきて気持ち良さそうです 生田沙織。

タイトルとURLをコピーしました